【FX】経済指標FX相場の関係

FX

経済指標

経済指標がどうして注目されるのかということですね簡単に御紹介させていただきます。

経済指標が大事だのはわかるけどいまいちどうしてなのか分からないという方もいらっしゃると思います。

ので今日はそちらの方を簡単にご紹介します。
こちらはですねポンドに関係するイギリスの5月6日から1週間の市場カレンダーなんですけれどもこのカレンダーを見ていただくと経済指標がたくさんあるんですが経済指標利用して主要通貨ここではポンドになるんですけれどもこのポンドに対して市場が一番知りたいというのはです。

中央銀行による金利なんです。

その国イギリスなんですけれどもこのイギリスの指標計座を見ることによってイギリスの経済の健康状態を見て中央銀行が金利を上げるのかそれとも据え置きするのかそれとも金利を下げるのかこれを予測して事実を知るためなんです。

ファンダメンタルの基本としては市場が知りたいのは中央銀行が金利をどうするかということを知るためだというのを覚えてもいいかと思うんですがこの金利と経済の関係についてはあまり細かく説明してもごやごちゃするだけなんでここでは説明しませんが簡単にこの金利と通貨の関係をまとめると高インフレで=高金利=通貨高またその逆に定インフレ=低金利=通貨安という関係になっちゃいます。

経済指標の結果がほとんどこれにつながっているんですね

例としてあの経済指標には生産者物価指数と消費者物価指数があってこちらが
市場ではすごく注目されているんですがこの2つ指標みて市場が何を見ていいるのかというと消費者物価指数がこれによってインフレ率が上昇して中央銀行は利上げをするとその逆に生産者物価指数が低いと消費者物価指数が低くなってということはインフレ率が下落して中央銀行は利下げをするという形になるんですけれども結局は金利につながっているんです。

まとめ

今日は簡単に経済指標を2つをちょっとご紹介いたしましてそれがどのようにあの金利とつながってそれがさらに通過に影響を変えるのかということを簡単に説明しましたけれどももう一度ここでまとめるとと市場が経済指標を注目する理由というの経済指標を見ることによってその国の経済の健康状態を見てて中央銀行が金利を上げるのか据え置きをするのかそれとも金利を下げるのかとこれを遅くして事実を知るためなんです。