お金が貯められない人は失敗する。選択肢を増やすために

お金を貯めることはどの投資においても大事なことです。「ためる」というより「存在するお金を何に使うか」がとても大事なことですのでぜひ一度読んでみてください。

お金が貯められない人は投資も失敗する

資金ゼロでも投資は始められますが、資金がまったくないよりは、あったほうが投資のスタートを切りやすいのは事実です。

特に顕著な不動産投資を例として話すと、物件を購入すれば、物件価格の5%くらいは諸費用がかかるので、実際にはいくらか蓄えがないと何かと困ることも出てきます。 最低でも200万円以上の自己資金を貯めてから始めるのが理想です。初心者が不動産投資をはじめにくい理由もこういうことであります。

やはり不動産投資をこれからスタートするのであれば初期費用がなければおぼつかないといった事もありますが、それがどんな投資であれ初期費用というのは投資において大事なものです。

たとえば、会社の給料をすべて使ってしまい、まったく貯金ができない人の場合、投資で収入を得ても、きっとすぐに使ってしまい、純資産は増えていかないことは容易に想像できます。

資金がたまらない人は、少し貯金を頑張って目標を10万や20万と設定し、自由に使える資金をきっちりそろえてから始めるのもいいでしょう。

まわり道に感じるかもしれませんが、結果的に自己資金が多いほうが未来に富をもたらすための好スタートを切りやすいといえます。

不動産投資をするときめて200万円以上貯まったら、区分所有の物件をすべて自己資金で購入してもいいですし、場合によっては、一部の自己資金を投入して、残りは銀行から融資を受けてもいいでしょう。

区分所有の物件を一戸所有したあとは、先述したように、1棟もののアパートやマンションを購入してステップアップを図ります。 この段階までくれば、銀行との信頼関係もできているので、満額融資を取り付けることも可能です。

関係が深まれば、5%の諸費用なども融資してくれるようになります。

FX投資などでも考え方は変わりません、もちろん「初期費用の必要性」は不動産とは格差があります。レバレッジを活用すれば1万円もあればFXは十分にスタート可能です。

しかし資金が多ければリスクがとれます。投資におけるリスクとはそれだけチャンスになりえます。

多くのポジションを購入できるので利益確定を急ぐ事なく、買い足しという戦略をとったり、逆にリスクを下げるために分散するといった選択肢もとる事が可能になります。

投資における「お金」とは「使って浪費する」ものではなく、「次の儲けにつなげるための糧」にしたほうが結局儲けれるという事です。

ただし初心者の方は、初期費用が多くあるからといっていきなり多額の資金をかけてトレードすべきではありません。大きな取引をするとそれだけ心理的に不安定になり突発的な判断をしミスしかねません。 少額からはじめ、状況判断能力を身に着けるためにコツコツと積み重ねていくやり方で経験と力を養って行くやり方がおすすめです。