投資の資産と成功者の考え方

成功者は太らない

お金持ちの生活習慣と考え方マーク・ザッカーバーグやビル・ゲイツ、スティーブン・ジョブスなど、有名な成功者はスリムなひとが多いですよね。

彼らはマラソンやウォーキング、瞑想などを取り入れています毎日豪華な食事をとってもいません。

マイクロソフト創業者で億万長者のビル・ゲイツの贅沢は、日本円で四百円ほどのデラックスバーガーだそうです。

あの京セラ創業者でベストセラー「生きる」などで有名なソニーの稲森和夫さんも、吉野家の牛丼が大好物だそうです。 物凄くお金持ちになると、「見栄」がなくなるといういい例ではないでしょうか。

そのような人たちは自分軸がしっかりしているので、「自分の好きなもの」「ほんとうに自分に欲しいもの」だけしか求めないのでしょう。

ほんとうの億万長者は、相手がだれであろうと見下したり、威張ったりしないものです。ただ、ほんとうの億万長者は嘘つきとだまされるのが大嫌いです。

彼らにとって大切なのは時間の価値とお金の価値です。

常にコストパフォーマンスを大切にしているのです。 だから、自分が買うものにはお金以上の価値を求めるものです。そして無駄を何よりも嫌います。

成功したいと誰もが考えるが、その1歩目を考える

一度はだれしも考えますが、何から手をつけていいかわからない人も多いのではないでしょうか。

まずゆとりと成功の意味が何なのか理解しないと、その後の行動ができませんよね。

人によってさまざまな価値観があるでしょうが、わたしは次のように考えます。

「金銭面での不安が限りなくゼロに近づいた状態」「お金がお金を生み出す」「システムがお金を継続的につくりだす状態」かつ、「面倒な人間関係や誰かに決められた場所・時間に縛られることなく自分の生活や仕事遊び、好きなことをして生きている状態」などがあげられると考えます。

それではどうすればゆとりと成功を手に入れることができるでしょうか。

いきなり成功してしまう運と時代が味方する人も中にはいるでしょうが、億万長者にだれでもなれるわけではありません。

けれども、この令和恐慌で成功するヒントをいくつかあげることはできます。

だれでも、どんなひとでも「小金持ち父さん」「小金持ちリーマン」「小金持ち社長」などの、「プチ成功者」になれるはずです。 あたまの良しあしは関係ないのです。

優秀だから成功できるとは限らないのです。大切なのは、「行動」することです。

「わからなかったらググってしらべる」自分で調べて行動すること、見切り発車でも決断して行動することが大切です。 まったく準備なしに始めるひとはいません。

しかしある分野で、いくらか知識や経験がついたなら、さっさと次のステップにいくことです。

はっきりいって、本当に専門家になりたいのではなければ、資格の勉強など無駄です。

そんなことより実際に手を動かしてやることが大切です。

投資においての成功の流れを考える

投資において成功するためには?と質問され答える時に、「知識と経験」という答えが多くかえって来ます。

これに関してはその通りなのですが、初心者にはまずプラスして「考え方」がとても大事です。

投資における目的は「お金を稼ぐこと」です。ですが、稼いだお金を食べるために遊ぶためにすべて使ってしまうことはオススメしません。

投資における「資産」とは、「目的であり手段を広げるための大切な糧」だからです。

まとめると投資における成功の流れとは、まずお金を最低限用意し、実際にトレードを行ってみる。

そして経験を積みつつ、知識を得るため様々な知識を得て、それを暗記することではなく、実際のトレードを行い失敗し経験を重ねながら実践と知識を両立して得ながら、そのお金をさらに広げるためにそのお金をどう使うかを悩んでください。

贅沢のためだけに使うのではなく、計画的に費用をどう使うかという「考え方」をもってほしいという事を本記事でお伝えいたします。

稼いだお金を全て投資にまわすべき、という事ではありません。儲けを出してちょっとしたご褒美を自分にするというのは、必要ともいえる事です。

思いつめると人はミスを起こします。判断力を正常に保つためにも、メリハリと計画性をもってお金を運用していくよう心掛けましょう。