リスクをつい侵してしまう瞬間 FXで失敗する時

リスクをつい侵してしまう瞬間 FXで失敗する時

一言で言ってしまうと、人は「損をするのが嫌い」「損をしたら取り返したくなる」ということです。

これは投資において非常に重要な理論となります。

有名な例題ですが、以下のような問題があったとします。

  • 1、コインを投げて表が出れば100万円もらえるが、裏が出ると50万円を失う。
  • 2、ゲームに参加しなければ20万円を無条件でもらえる。

「50%の確率で100万円がもらえるか、50万円を失う」、もしくは「確実に20万円を手に入れる」というふたつの選択肢です。

この選択肢を与えられると、多くの人は「確実に20万円を手に入れる」という方を選びます。

期待値で見ると、(100×0.5)+(50×0.5)=期待値は25(20×1.0)+(0×0)=期待値は20となります。 期待値で見るとゲームに参加した方が良いのですが、人は直感的にリスクが小さい方を選んでしまうのです。

更に、コインを投げて裏が出てしまい、50万円を失った後に、次の条件を提示されたとします。

  • 1、ルーレットで赤が出れば100万円が手に入る(出現率30%とする)。だが、黒が出れば30万円を失う(出現率70%とする)。
  • 2、ルーレットに参加しないで10万円もらう。

このような選択肢を提示されると、ルーレットに参加しないことが一番期待値の高い選択にも関わらず、参加する人が多くなります。(参加した時の期待値は9、不参加の場合は10)

この時の参加者の心理としては、「既に50万円の損をしている。ここで10万円帰ってきても焼け石に水だ。それなら、確率が低くても一発逆転を狙いたい」というものです。

ひとつ目のコイン投げのゲームでは期待値を追って参加を決めたのですが、ふたつ目のルーレットでは、期待値を無視して損失を取り返そうとしてしまうのです。

投資においても、同様に負けトレードの後は、普段よりリスクを取って取り返そうとしたことはないでしょうか?

これは損失を回避するために、不合理な判断をしている証拠です。 このような時には、冷静になって「今損切りをしたら、いくら手元に残るのか。その残った資金で立て直すことはできるのか」などを考えるようにすると良いでしょう。

投資に損失は付き物です。

損失が出なければ一番良いのですが、それは無理な話です。 ならばせめて、損失を大きくしないように、上手に付き合う方法を覚える必要があるのです。